交通事故の際は優先道路側かどうかが重要となります

道路の中には優先道路として指定されているものがあります。これは交通整理などが行われていない道路において、優先度を予め決めておくことで安定的な走行が行えるようにする仕組みです。交通事故の際に優先道路とそうでない道路のどちらを走行していたかは重要な問題となり、過失の割合や損害賠償の計算に重大な影響を与えます。

優先道路とはどんな道路か?

優先道路の定義は道路交通法第36条第2項に記載されています。日本では交差点において中央線が貫通していたり、車両通行帯が設けられていたりする道路がありますがそれを優先道路と呼んでいます。また、優先道路の標識が用意されていることもあります。

信号機や手信号のある交通整理が行われている交差点においては、それらの指示に合わせて通行しますが、交通整理が行われていない交差点では運転者同士の判断で通行せざるを得ません。そこで予め優先道路を決めておくことにより、安全な通行がしやすいように工夫がなされています。

優先道路を通行中の車に事故を起こしてしまった場合は優先を守っていないと見なされるので、過失相殺ではかなり不利になってしまう可能性があります。

優先道路と他の道路ではどういった違いがある?

優先道路には規定の面で通常の道路とは異なる特徴があります。道路交通法第36条第2項によると交通整理が行われていない交差点に進入する際に徐行する義務がないとされています。一般的に交通整理を行っていない道路であれば、運転者同士が安全性を確認しつつ通行を行う重要性が非常に高いので徐行をする必要があります。

徐行をする中でどちらかが先に行くかを決めます。しかし、優先道路を走行しているときにはそういった義務が存在しません。道路交通法42条1号では見通しのきかない交差点であっても徐行の義務がないと定めています。

もちろん、安全性を確保するために自主的に徐行をすることには問題がありませんが、義務として行う必要はないということです。しかし、道路交通法の36条4項では交差道路を通行する車両等に注意することと、安全な速度と方向で進行する義務があると定められています。

つまり、徐行ではないにしても安全を確保することを怠ってはならないということです。

優先道路を走行中に交通事故に遭ってしまった場合

優先道路を走行中の車両と他の道路から出てきた車両が交通事故を起こした場合、優先道路側の車両は過失相殺の面で優遇されます。過失相殺というのは交通事故の責任をどちらの車両がどのくらい負うかについての指標です。

優先道路側の車両とそうでない側の車両が全く同じ状況だったと仮定すると、優先道路側は10%、もう片方の車両は90%の過失割合となります。優先道路側であっても0%にならないのは、道路交通法36条4項に記載されている安全な速度と方法が守られていないとみなされるからです。

交通事故においては双方の車両が動いている時点でどちらかが0%の過失割合になるということはほとんどありません。どんな道を走行していたとしても運転者には交通事故を防ぐための努力が求められます。そのため、優先道路を通行していても安全には十分な配慮をする必要があります。

優先道路であっても運転の状況次第では過失相殺で不利になる

優先道路であれば何でも優先されるということはなく、運転態度に問題があればどんどん過失割合はプラスされます。最終的に被害者と加害者が逆になってしまうことも可能性としてはあります。例えば、優先道路でない側の車両が明らかに交差点に先に入っていた場合、優先道路側の車両の運転者は前方不注意とみなされるかもしれません。

また、速度超過などによる著しい過失、酒酔い運転などの重過失があった場合は過失割合が上乗せされます。逆にいうと優先道路ではない道路を通行していて優先道路側との交通事故が起きたとしても、相手側に過失があった場合は過失割合が逆転する可能性があるということです。

昨今では防犯カメラやドライブレコーダーがあるので後からケースも少なくありません。優先道路を通行していても、そうでなくても主張をしっかりと行うことが重要となります。

臓器損傷を伴う交通事故被害の詳細と治療の方向性

優先道路を通過していると過失割合0になるという誤解

インターネット上などでは優先道路を通行している側の過失割合は0になるという情報を見かけることがあります。しかし、これは大きな誤解であり、優先道路を通行していたとしても過失割合が0になることはありません。

車が走行している限りは10%以上の過失割合となります。そのため、優先道路を通行している車両に事故を起こしてしまい、相手が過失割合0を主張してきたとしても明白に否定することが出来ます。

道路交通法ではいかなる道路を走行している場合でも運転者に安全を確認することを義務付けています。

ただし、優先道路に道路交通法に違反しない形で停車している車両に一方的にぶつかってしまった場合は、相手側の過失割合が0になることもあります。双方の車両が動いている場合は、優先道路であってもそうでなくても過失割合が0になることがほとんどありません。

優先道路であっても安全を確保することが大切

優先道路においては交通事故の際の過失割合の面で優遇されますが、安全を確保しなければならないことに変わりはありません。優先道路だからと安心せずに安全確認をしながら運転をするようにしましょう。逆に優先道路でない道路を走行して交通整理の行われていない交差点を通過する際には、優先道路側から徐行せずに車両が侵入してくる可能性があることを覚えておくことをお勧めします。

また、優先道路と決められていなくても交差点において道幅が極端に異なっている場合や、片方の道のみに一時停止の標識がある場所で事故が起こると優先度が問題になることがあります。優先道路を走行している車両に対して交通事故を起こしてしまった場合は過失割合において不利となりますが、相手側に大きな過失があることで立場が逆転する可能性もあります。

交通事故を起こさないことが第一ですが、万が一起こってしまったとしても自ら自信をもって主張できるように入念な安全確認を行っておきましょう。相手が優先道路だからといって相手の主張を全て受け入れる必要はありません。

否定するところは否定し、主張するところは主張することが重要となります。自らに一定の正当性があるにも関わらずどうしても不利な状況に追いやられてしまうという場合は弁護士に依頼するのも有効です。